愛のむきだし

愛のむきだし_a0214416_00111730.jpg


ちょっとしたボタンのかけ違いが大きくなり、結果的に愛する人を傷つけてしまった。
もちろん僕にも大きな痛みはあるのだけれど
SNS時代になり、いまいち世のスピード感を計りかねる節があり、機会全部が裏打ち化し件の結果になってしまったのだ。

他方、写真を撮るペースが非常にスローリーに丁寧になりつつあり鑑賞の滞空時間をあげるべく、より丁寧な画処理もあいまって
ますます僕個人と世のペース、SNS世代との乖離が広がっている。

(ちなみに、自炊の酵素玄米は三日かけて炊くし、熟成鶏ハムローストは10日間は寝かせてからじっくり焼く、実際そんなペース)

なので、どれだけ相手のための時間をさけるか、が誠意の基準になっているのだが
きっと数行の返信にレスの軽さを感じてしまったのかも知れない。

商売相手なら、それでも先方に合わせて寄せていく必要があるとは思うのだけれど
プライベートでスピードあげる側に寄せるのは正直しんどく、写真も台無しになってしまいそうで
そのはざまがしんどくなってしまった。

熟成された感覚の写真の良さ、が分かり合える関係性だったので非常に残念で悲しく、ある種悔しくもあるのだが
現実を受け入れつつも、あるべきスタイルを図るべきタイミングにどうやら入ったようだ。



# by saidamanabu | 2019-12-13 00:47

デトックス

デトックス_a0214416_11505052.jpeg


なんだ、八重山クロレラ手にはいんじゃんって事でデトックス中
ドバドバでるわ、ってどこぞの通販みたいだが笑
事実で、ジムとの併用が最強、運動からの爆睡〜毒だしで調子爆上げ中

何事も手数が増えるので捗る

# by saidamanabu | 2019-11-25 12:00

オーバードーズ

オーバードーズ_a0214416_05163238.jpg



今週くらい国民総オーバードーズ化を感じた一週間は無かった。
お金も薬も、食品さえ欲望の赴くままに、のベクトルが最早宗教じゃなかろうか、という塩梅に
表に裏に跋扈する世界

足るを知る、ことはアナーキーズムですら無かろうか、と思えたほど。

全ては空でフラットならば、より戻しは必然
全ては己の行動の結果

宴のあと






# by saidamanabu | 2019-11-19 05:31

EPRからメイドインチャイナ

 EPRからメイドインチャイナ_a0214416_02252429.jpg


コダックにEPRという柔らかいトーンのポジフイルムがあり、肌描写が圧倒的で1976年の発売から結局生産終了の2008年まで、ことビューティ撮影では不動の地位を築いた。似たような描写のデジカメが作品制作で欲しくて、いろいろテストした結果5Dmk2が最も近いトーンを出すので、もう一度買い直すに至った次第。

たぶん、最新のmk4比較、数値80点くらいの描写なのだろうけど隙とか湿度に関してはmk2のがずっと心に刺さるし、10年前には無かった レンズ、Sigma Art Line や 現像アプリ、 capture one11の性能がすこぶる優秀でその甘さをいい方向へと引き出す役割を果たしてくれている。

よくメイドインチャイナのプロダクトは日本製に比べ80点くらいの出来と言われているが、実際必要十分なことが多いし、逆にシンプルで理にかなったプロダクトも多く、今回のチョイスもそれに近い感覚がある。

EPRが発売以来約30年超えて、ビューティ撮影の王様でいられたのも描写に隙があり、その緩さが理にかなったものであったからこそ。

緩さ狙いのデジ一眼新製品が今後王道メーカーから出る、とはとても思えないので、今年11月で修理受付すら終わってしまうmk2を暫く大事に使おうと思う。
80点くらいの甘さのまま、レンズ前の光を敬いながら撮影する方がきっと、いい。

南無、お任せします。ということ






# by saidamanabu | 2019-10-20 03:04

「もっともっと写真へ向かえ」

「もっともっと写真へ向かえ」_a0214416_07010781.jpg















































ある女の子を撮影していて
写真とは変化への贖い、つまり想いと添い遂げることなのだなぁ、と今更ながらに確認した。

(だからこそアイドルは写真との整合性ばっちりなのだが)

変化の激しい時代に変化しない想いなど、存在し得るのだろうか、変化しないモノなどないのに。

だからこそ、撮り続けるし、終わるはずもない行為の連続にうんざりもするのだけれど、
結局変化しちゃうので、またまた撮り続けるしかなくなる、という無限のループへ陥る。

つまりは再生からの死、生まれ変わりの儀式こそ撮影業なのだ、との確信へ最近至った。
欲望からの転生、無限ループなのだ。












# by saidamanabu | 2019-09-06 07:20

Manabu Saida Photography excite*


by saidamanabu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧