レタッチ

レタッチ_a0214416_19241883.jpg




正月はずっとレタッチをしている。
作業よりは自分の仕上がりをただひたすらじーーーーーーーーーっと見ている時間の方がはるかに長く
ただ流れ行く時間に反逆しているその静止画に没頭してるのが何より心地よいし
それが写真の最大の魅力だと思う。

(動画に行かない、行きにくい理由もきっとそれだろう。ゆーーーーくりしたいのだ、きっと)




45分も見ていても飽きないし、最近の仕上がりの真の意味での切れ味に日々の勤行の成果を感じたりしている。
それはきっと秘密の教え、なのだろうけど。

(だから表に出せない写真は山ほどある。小出しにしようとは思案中。。)




さて2021年は、どっしり自分軸に浸ろうと思う。


物質世界との乖離も必然。
そこが居場所なのだから
















# by saidamanabu | 2021-01-02 19:35

終結宣言

終結宣言_a0214416_02135032.jpg
終結宣言_a0214416_02120213.jpg
終結宣言_a0214416_02115800.jpg






本日、金龍山浅草寺さまより
家系のカルマを減罪消滅する一連のここ15年かけた大願成就、終結宣言頂きました。

あまりの嬉しさに、この大願を祈願し始め以来
初めて号泣してしまいました、境内なのに。
泣ける余裕もない中、暗中模索しながらのこの15年でしたので安堵の念に堪えません。

生来初めて位の心の余裕が生まれそうです。

これまで祈願をかけた日本国中全ての神仏さま方へ
報恩謝徳の祈りを捧げます

合掌


2020.12.26 座田学






終結宣言_a0214416_02120900.jpg







悲しみや心配事がようやく消えることでしょう。


名前を広めようとすれば、昔のように再び周囲に名を広められるでしょう。


収入も地位も望みのままになるでしょう。


良き主人にめぐりあえ、徐々に出世していくでしょう。




















# by saidamanabu | 2020-12-26 23:59

頭の中身を入れ替えよう

頭の中身を入れ替えよう_a0214416_01035812.jpg





遂にグレートリセットボタンを押した。
とはいえ物質的なものではなく、意識の入れ替えにより逆算した現実世界の入れ替え、である。
自分軸を基準に違和感のある物事や関係性はごっそり整理整頓、
さようなら そして こんにちは
体重は変えずとも食を絞り、脳内の循環を変える。

2011.3.11以降の9年間との離縁でもある。

なんとも一気に、土の時代から風の時代の到来に何とか間に合った。
物質性から精神性へのシフトである。

違和感の無い自分軸との調和的関係性がその全て
ワクワクしか有り得ない世界の始まり始まり










# by saidamanabu | 2020-12-20 01:07

共同幻想の崩壊

共同幻想の崩壊_a0214416_01475248.jpg




たった今、何がこの世に起きているか、と言えば
それは共同幻想の崩壊なのだ、と理解している。

ちょい細く言えば、ここ数十年の共同幻想の崩壊である。


そうやって歴史は進み、崩壊~再構築を繰り返してきたのだと思うのだけれど
今度のゲームチェンジの結果がデジタルによる超相互監視管理社会の成就だとするならば、その管理者たる存在とは
なるだけ距離を取っても行きていけるように努力して生きたい。

なぜなら、この機を旧社会の窮屈さからの解放と捉えたいので。

うまく取れれば、生まれてこの方、刷り込まれて来た思い込みからの脱却に成功し
精神の自由を、そっと獲得することができるだろう。

ここ数年間はヘーゲルの二元論的発想やそういう人物に乗らないこと、がその鍵になるだろうと踏んでいる。

空性、つまりは全ては単独では存在するはずもなく因果の上で成り立っている、という真理
がそっと発揮される時代の始まりなのだ。












# by saidamanabu | 2020-12-07 02:36

呼ばれた方に行くしかない

呼ばれた方に行くしかない_a0214416_14313329.jpg




その後も密教修行においては人生最大級の大願成就後のアフターフォローの行は続けているのだが、
まあこれまで能動的に何かを動かし切った記憶などほぼ皆無で
仕事でも何でも呼ばれた先にて受動的にミッションをこなし結果何かを学び腑に落ちるということの繰り返しにて
それは写真に関しても全く同じである。

例えばあるビルボードは未だ15年前に撮影した写真が使われているし
日々ヤフーの記事を覗けばここ五年くらいで撮影していた誰かしらのビジネスポートレートを見ない日はなく
17年も前に撮影したあるマイナーレーベルのジャケ写ではその後その筋にて予想をはるかに超える伝説的音源と化し今ではApple musicでおすすめされてしまう次第で
請負撮影業の一線から退いたにも関わらず、相変わらずの受動的依頼写真との切っても切れない縁を感じざるを得ない。

上記写真は江ノ島、一連の参拝後に現れた光景。
(いろいろいすぎますが。。)
朝起きて眩しすぎる陽の光を見て勢い江ノ島に行っただけなのだが、
怪しげな雲行きの先々の存在に呼ばれたんだな、との感想しか持ち得ない。

エゴとか表現とかちっちゃい事なぞごっそり飲み込まれ我も忘れがちな今日この頃である。
きっと個人的グレートリセットの日は近い

またあのボタンを押すのだ









# by saidamanabu | 2020-11-14 14:57

Manabu Saida Photography excite*


by saidamanabu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る