5ミリ広げる

5ミリ広げる_a0214416_00534675.jpg



自己標準画角の40mmから5mm広げた35mmにて写真を撮る。
遂にこの境地、35mmは個人的にあの世の世界が見え過ぎるのでここ5、6年敬遠してた画角なのだが
御回向を体得したので、いよいよ解禁する事にする。

え、密教の光って関係するの?という疑問は正しく
個人的見解では実質心霊写真という物があり、何気に普通の風景だが何だか気持ちが暗く見えたりする事にて原因が判明、対処出来るまで35mmという画角は封印して来た。


見知らぬ路地裏にて茂みを撮る。
気になったから撮っただけなのだが、表に廻ってみたら教会だった。
(この場合は良い方の心霊写真)

つまりはそういう事。

魔、というのは其処かしらに居るので逆の悪い魔のパターンが多く、ソレが嫌で画角35mmは諸刃の刃だったのだ。

まあ、そんな事、他人さまにはどうでも良い事だが
御回向により自身で魔を上げられる様になったので個人的写真死活問題は無事解決、一件落着という事で。
大変めでたい










# by saidamanabu | 2020-08-10 00:57

宙に舞う

宙に舞う_a0214416_01231374.jpg















































週末は充電と決めたのでバッツリ二日間、近所の公園、池袋サンパークでグラウンディング。
オープンしたての芝生でゴロリ、18:00-日没までを二夜連続で。

ここは画角110°のウルトラワイドヘリヤー15mmでも建造物が絵に入らない程、空が広く都心では貴重な場所。
チャリ5分は神(笑)
お客さんは皆、ゴロリ、怠慢が標準という健康的な場所。


深夜なら北極星が見えるはずの天辺へ向け、ヘリヤー40mmつきのα7R。ピンも無限なのでただシャッター押すだけ。

流れる時間にゆーーーくり身を任せる。


たまにペンタックスM 135mm付きのα7M2を雲の断片へ向ける。
最近は40mm&135mm が視点の全てなので、シンプルに心眼極められてて心地よい。


背中から電磁波抜きつつ天空に向けるシャッターで、心が宙を舞う。
舞わせるだけ舞えばいい。


こういう時間が過ごしたくて、昔はよく都心より100km以上離れた場所を目指していた。
転地効果というモノで、ストレスMAX時には福島超えた仙台近くにまで行かないと宙に舞えなかった。
今ではチャリ5分の場所でも舞えるのは、魂が成長したのか、感覚が劣化したのか、よく分からない笑笑


二夜目の最後、空は雲すら無くなりドーンパープルな色味だけになった。


理想郷である。








宙に舞う_a0214416_01231398.jpg
















































# by saidamanabu | 2020-08-03 01:35

内証の森

内証の森_a0214416_01400203.jpg





節目に寝不足もたたり目が腫れたまま大絶不調の中、伊勢原の大山、石尊大権現さまへお初に伺う。
山中、大山寺さまでは祈願の勤行が執り行われていて途中参加にて鉄不動明王さまには軽いご挨拶だけ。かなり熱の篭った行中にて取り付く島も無かった次第。外は雨、中空に真言が舞い響く。かなり深く入り込んで居るご様子は久々に先達、導師の極意を覗かせて頂けた気分にて大変有難い。これは機会があれば是非参加してみたいほどの空気だった。
今回は新作撮影の為の登拝なので、というより撮影という名の行なので、そこそこに切り上げ自行の撮影に舞い戻る。


雨が本降りになって来たがこれは本望。雨降り祈願の寺にてこれこそ本地。撮影ながらの登山途中、
八大坊上屋敷跡にて、しばしの雨宿りが非常に心地良く体調不良にて無理を押してでも来た甲斐がある。自宅のベッドでの睡眠より深い安楽の境地に達したので。
色んな思考の整理整頓もここでの方が捗る。
ずっと屋敷跡の軒下にてゆっくり過ごし、
未だ阿夫利神社さまの下社にすら達して無いが、ほぼこちらの内面的な目論見は達している。
石尊大権現さまへ抱かれているのが、はっきりと分かるからだ。
参拝は次回でも良いくらい。

今はこの一瞬に集中するのが一番の行法なのである。自分だけのペースと内面世界の奥深くへ大権現さまに抱かれながら入り込み撮影するという行なのだ。





内証の森_a0214416_01400204.jpg











# by saidamanabu | 2020-07-29 01:44

真夜中のガーデン

真夜中のガーデン_a0214416_03073963.jpg
真夜中のガーデン_a0214416_03073933.jpg




誰の土地だか微妙な場所に誰かさんが勝手に作った真夜中のガーデン

法を越えてく先にあるのが庭ならば正にガーデン

然もありなんや












# by saidamanabu | 2020-07-22 03:14

新たなる船出

新たなる船出_a0214416_12311076.jpg






本日、五輪塔の開眼を以って祭壇に設置、全ての一連の回向供養勤行のアフターケアの終了並びに今後の、こここれから7年のスタートを切ることが出来た。
正確には7/22の誕生日がシュタイナーが言うところの人生7年周期の第7期が終わり、第8期が始まるという訳だ。

6/1の世界ダボス会議にて来年度のグレートリセットが発表されたが
(内容はググってみてください)
個人的にはこの第7期が人生のグレートリセットにて、第8期は転生した位の新たなる人生のスタート及び今生後期へ向けての準備期間に入る。

もちろん写真は新たなる展開期に入り、密教に於ける光の部分が取り入れられた写真という新しい前人未到のジャンルに深く分入る所存であり不安は無く
ワクワクした新鮮な気分でしか無い。
成功の反対が失敗ではなく失敗の先にこそ成功がある、と今更ながらに再確認している。

船出は快晴である。






新たなる船出_a0214416_12311179.jpg
















# by saidamanabu | 2020-07-19 23:32

Manabu Saida Photography excite*


by saidamanabu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧